« 音声認識ソフト、音声認識メールiPhoneアプリ、音声入力App | トップページ | 地方企業会社経営・地元仕事成功事例、日本の全国の地域経済活性化ビジネス、九州など »

電動歯ブラシパナソニックPanasonicドルツ、松下ナショナル、おすすめ電動ハブラシ口コミ比較評価選び方

■電動歯ブラシの口コミ・おすすめ比較評価レビュー・選び方、パナソニック(Panasonic)のドルツ(Doltz)電動ハブラシ、松下電工・ナショナル(National)など

なぜ、私は、電動歯ブラシを買ったのか?

先日、私は、電動歯ブラシを買った。

電動歯ブラシとは、電気で動くハブラシである。

電動歯ブラシは、手を使って歯ブラシで磨くよりも、細かく速いブラッシングの動きにより、歯と歯につまった汚れを速く確実に除去する効果がある。

では、なぜ、私は、電動歯ブラシを買ったのか?

それは、毎日きちんと、歯ブラシを使って歯をみがいていたのに、虫歯があったからだ。

これからも、手をつかって歯ブラシで磨いていては、磨き残しが発生し、虫歯ができるかもしれない。

おまけに、手をつかって歯ブラシで磨いていては、時間もかかる。

今のままでは、歯磨きに時間がかかるうえにまた、虫歯になってしまう。

せっかく歯を毎日磨いているのに、何もいいことがない。

と、いう訳で、わたしは、電動歯ブラシを買った。

 

口コミ掲示板、感想レビュー、おすすめ評価、価格比較が充実したホームページとは?

電動ハブラシを買う際に参考にしたサイトは、「アマゾン」(Amazon.co.jp)と「カカクコム」(価格コム)である。

なぜなら、この二つのサイトは、情報量が豊富だからである。

電動歯ブラシの選び方の参考になるからである。

「アマゾン」(Amazon.co.jp)と「カカクコム」(価格コム)は、電動ハブラシの概要やスペックが詳しく、わかりやすく見ることができる。

また、ほぼ全ての商品を扱っているため、簡単に電動歯ブラシの価格比較ができる。

さらに、口コミ掲示板、感想、おすすめレビュー、評価があるため、電動歯ブラシの選び方の参考になる。

そして、売上ランキングがあるため、おすすめ電動歯ブラシが商品が一目でわかる。

と、いうわけで、わたしは、電動ハブラシを買う際に「アマゾン」(Amazon.co.jp)と「カカクコム」(価格コム)のサイト、ページを参考にした。

 

どのメーカーの電動歯ブラシもユーザーの口コミ、おすすめレビュー、感想の評価が高い

しかし、どの電動ハブラシにしょうか、正直、迷った。

なぜなら、いろんなメーカーからいろいろな高機能の商品が出ていたからだ。

どのメーカーの商品も甲乙つけがたいほど、優れた商品であった。

例えば、あるメーカーの電動歯ブラシは機能が豊富であったり、あるメーカーの電動歯ブラシは最新の機能を搭載していたり、あるメーカーの電動歯ブラシは著名な研究機関や歯科医院のお墨付きだったり、あるメーカーの電動歯ブラシは顧客満足度が高いなど、どのメーカーの商品も魅力的に見えた。

また、どのメーカーの商品も、ユーザーの口コミ、おすすめレビュー、感想の評価が高い。

しかも、メーカーによって、採用している機能がそれぞれ違い、またどの機能も歯を磨くのにすごく効果があると述べられていたので、余計に迷った。

いったい、どのメーカーの電動歯ブラシを選べばいいのか。

 

●「パナソニック」(Panasonic/ナショナル)の「ドルツ」(Doltz)とは?、「フィリップス」(PHILIPS)の「ソニッケアー」(sonicare)とは?、「ブラウン」(BRAUN)の「オーラルB」とは?

結局、わたしは、3つの家電用品メーカーの商品に絞り込んだ。

パナソニック(Panasonic/ナショナル/松下電工)、「フィリップス」(PHILIPS)、「ブラウン」(BRAUN)である。

理由は、どのメーカーも馴染みの家電用品メーカーであり、優れた商品を提供していたからだ。

国産メーカーで馴染みがあった「パナソニック」(Panasonic/ナショナル)は、歯垢をはがれやすくするイオンパワーを一部商品に実現した「ドルツ」(Doltz)シリーズを、

男性用髭そりシェーバーで馴染みのあった「フィリップス」(PHILIPS)は、優れた歯垢除去効果を発揮する特許技術「ソニックテクノロジー」を一部商品に実現した「ソニッケアー」(sonicare)シリーズを、

男性用髭そりシェーバーで馴染みがあった「ブラウン」(BRAUN)は、世界初のリモートナビシステムを一部商品に搭載した「オーラルB」シリーズを販売していた。

だから、わたしは、この、3つの家電用品メーカーに絞った。

 

商品スペックや機能、口コミ、オススメ評価、感想レビューをもとに選んだ電動歯ブラシとは?

迷ったあげく、メーカーオフィシャルサイトに掲載されていた商品スペックや機能、「アマゾン」(Amazon.co.jp)や「カカクコム」(価格コム)に掲載されていた口コミ、オススメ評価、感想レビューなどを何度となく読んで、結局、わたしは、「パナソニック」(Panasonic/ナショナル)が販売している「ドルツ」(Doltz)の「イオン音波振動ハブラシ・ゴールド調・EW-DE40-N」に決めた。

理由は、シンプルで使いやすそうで、国産メーカーだったからだ。

朝、一秒を争うほどに忙しい自分にとっては、液晶パネルのナビ機能がついた商品は不要で、とにかく、素早く磨けること、そして、説明書なしでもすぐ明日からでも使えることが優先事項であった。

また、国産メーカーなので、日本人の口に合う商品を作ったというメーカーの秘話があったのも決めてとなった。

さらに、以前、歯医者に通っていた時に、その歯医者で購入したブラシが棒状で先が三角形になった歯間用歯ブラシがとても使い心地がよく、スーパーやドラックストアに行くたびに探したがその歯医者でしか売っていなく、それと似た形状の歯ブラシが、「ドルツ」(Doltz)には、別売りのオプション品で用意されたいた。

以上により、わたしは、「パナソニック」(Panasonic/ナショナル)が販売している「ドルツ」(Doltz)の「イオン音波振動ハブラシ・ゴールド調・EW-DE40-N」を買うことに決めた。

参考リンク:「Panasonic ドルツイオン 音波振動ハブラシ ゴールド調 EW-DE40-N

ちなみに、パナソニック(Panasonic/ナショナル)が販売している「ドルツ」(Doltz)シリーズには、携帯用のコンパクトな「ポケットドルツ」(ポケドル)というシリーズもある。

 

●「パナソニック」(Panasonic/ナショナル)「ドルツ」(Doltz)「イオン音波振動ハブラシ・ゴールド調・EW-DE40-N」口コミ評価、感想レビュー

実際、「パナソニック」(Panasonic/ナショナル)が販売している「ドルツ」(Doltz)の「イオン音波振動ハブラシ・ゴールド調・EW-DE40-N」を使ってみたが、とても使い心地がよかった。

なぜなら、買ってから、すぐに使えるシンプルさ、それから、手で歯ブラシを使っていた時と比べ歯と歯、歯と歯茎の間がきちんと磨け、歯ぐきがスッキリとし、「みがいたー」という、爽快感がある。

電動歯ブラシは手でブラッシングしなくても、手で押さえるだけでOKなので、手の届きにくい奥歯もしっかりとブラッシングできる。

そして、あのブラシが棒状で先が三角形になった歯間用歯ブラシが、歯のスキマまで入り込み、ブラッシングしてくれた。

だから、、「パナソニック」(Panasonic/ナショナル)が販売している「ドルツ」(Doltz)の「イオン音波振動ハブラシ・ゴールド調・EW-DE40-N」は、とても使い心地がよかった。

余談だが、たまたま、電動歯ブラシで歯磨き中にラジオのそばに行ったらラジオに雑音が入った。

これもイオンパワーのおかげだろうか?。

 

●「パナソニック」(Panasonic/ナショナル)が販売している「ドルツ」(Doltz)の「イオン音波振動ハブラシ・ゴールド調・EW-DE40-N」の要望点とは?

確かに、「パナソニック」(Panasonic/ナショナル)が販売している「ドルツ」(Doltz)の「イオン音波振動ハブラシ・ゴールド調・EW-DE40-N」は素晴らしい商品であるが、一つ要望がある。

電源の入切を操作する「動作スイッチボタン」と、「モード切り替えスイッチ」を一つにして欲しいことである。

電源が入ったり、モードが入れ替わったりというのを、一つのボタンを押すたびに切り替わるようにしてもらいたい。

わたしは、いつも、「ソフトモード」で利用しているため、電源を入れるボタンを押した後に、いちいち指を移動させて、モード切替スイッチを押して「ソフトモード」にするのが、面倒なのである。

とくに、わたしは、朝、一秒を争うほどに忙しくでかけるので、その指を動かす一秒がもったいないのだ。

パナソニック(Panasonic/ナショナル/松下電工)の開発技術者の方、もし、このページをご覧でしたら、ぜひ、今後の商品開発のご参考にしてください。(笑)

 

●電動歯ブラシを使うのはお勧めなのか?

電動歯ブラシを使ってみて、これは、小さい頃から使っておくべきだったなー、と感じた。

こんなに楽に歯が磨けて、虫歯予防になるんだったら、小さい頃から使っておくべきだったと。

だって、あの嫌な歯医者に行って治療しなくてもいい。

虫歯を抜かなくてもいい。

だから、小さい頃から使っておけば良かったなー。

電動歯ブラシはちょっと高いけど、どうせ、歯ブラシを使っていたとしても、手で力を入れてゴシゴシ磨くのですぐ歯ブラシがダメになっちゃうし、それを何年か繰り返せば、電動歯ブラシの金額くらいはいくんじゃないの?。

無論、今からでも遅くはないので、毎日、きちんと電動歯ブラシで歯を磨いていこう。

|

« 音声認識ソフト、音声認識メールiPhoneアプリ、音声入力App | トップページ | 地方企業会社経営・地元仕事成功事例、日本の全国の地域経済活性化ビジネス、九州など »

・ショッピング,グッズ,アイテム」カテゴリの記事